ライフスタイル

演劇
観劇のマナー

観劇のマナー演劇を鑑賞する場合、マナーというものを守る必要があります。
ここでは、演劇鑑賞を行う際のマナーについて、お話をしていきたいと思います。

演劇というのは、役者の方が生で観客の方に演技を披露されますので、
その演技を妨げるような行為はしてはいけません。
周りの方に聞こえるような大きな声を出したりしないよう、気をつけなければなりません。
観客の方たちは、役者の方の演技を見に来られていますので、その声が聞こえないようでは話になりませんよね。

また、公演の邪魔になるようであれば、法的に訴えられるようなこともありますので、気をつけなければなりません。
映画では、本編前に注意としてよく放送をされていますが、音声や画像の録画撮影というのは、禁止をされています。
最近では、携帯電話でそのような行為をされている方が多いようです。
携帯電話での撮影の場合は、映像が粗かったり、しっかりと録音が出来ていないこともありますので、演出側も多めに見てくれることもあるみたいです。

法的に訴えられなかったとしても、こういった行為というのは、迷惑行為であることに変わりはありません。
出演者の方はもちろん、同じ場所で演劇を鑑賞されている観客の方にも迷惑になる行為です。
してはいけないことをしてしまっているのですから、事実が発覚をすれば、録画や録音に使用をした機器を調べられるようなこともあります。

演劇には、小さな子供を連れて行かれる方もおられるでしょう。
しかし、子供が公演中に騒がないよう、十分に配慮をする必要があります。
子供というのは、元気が取り柄なので暴れたくなる気持ちは分かります。
しかし劇場内では、子供は騒いで良いということは通用をしません。
マナーを守って演劇鑑賞をすることで、より演劇が素晴らしいものに仕上がるのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社