ライフスタイル

演劇
広い意味での演劇について

広い意味での演劇について演劇というのはジャンルがかなり広いと言えます。
人形劇といったものも、演劇の1つに入れることもあるのです。
演劇=人間の役者さんが役を演じるもの、と思われている方も多いのですが、人間が演じる必要性というのはないのです。

日本の漫画というのは、世界的にみても素晴らしい作品が多く、日本の文化としても認められています。
劇画と呼ばれるものは、絵画劇というところからきていると言えるのかもしれません。

演劇は今では、舞台の上で人間がその役になりきって演技をする、そう考えるのが一般的になっているのですが、映画やテレビドラマ、劇画といったものも、演劇の1つであるという考え方もあるのです。

演劇の作品というのは、役者さんたちの演技だけではなく、さまざまな表現方法や芸術というのが組み込まれて完成をするものなのです。
つまり演劇での作品は、芸術の1つと言えるのです。
演劇で使われている芸術というのは、多岐に渡ります。
音楽やダンスといったものはもちろんのこと、照明や音響、美術などが合わさって、1つの作品に仕上げられているのです。

映画やテレビドラマといったものは、演劇と違うとよく言われるのですが、人が役を演じるという点では共通をしていると言えます。
1つのシーンに対して、リハーサルを入念に行って本番に臨むので、そこが演劇のリハーサルと公演だと考えれば、同じだと言えるのではないでしょうか。
大昔は、ビデオテープがとても貴重な存在だったので、テレビドラマでもカット割ごとに何度も撮影をするのではなく、演劇をそのまま撮影をしてドラマとして放送をしていたこともあるのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社