ライフスタイル

演劇
演劇の上演について

演劇の上演について演劇を行うためには、役者さんのお稽古というものが必要になってきます。
演劇の稽古というのは、1ヶ月近い長期間に渡って行われることが多いようです。
一般的な演劇の公演というのは、1時間半~3時間くらいの上演時間のものです。

3時間以上の長時間に渡る演劇の場合は、途中に休憩が入ることもあるようです。
長時間に渡る公演をノーカットで行わなければならないので、役者の方たちは稽古をしっかりとして、身体にセリフや身振り手振りを叩き込む必要があるのです。

歌舞伎でも伝統的な演目というのは、セリフと動きが決まっていることがほとんどです。
そして、歌舞伎役者というのは、小さな頃からその世界に入って稽古を重ねていますので、セリフや動きというのが身体に染み付いています。
ですので、稽古といっても顔合わせ程度で数日間で済むことも多いようです。

演劇と言えば演出家という存在が必要になってきますが、それは現代演劇の場合のみで、歌舞伎では演出家というものは存在をしません。
演劇というのは、ドラマや映画と違って、観客の方に生の演技を見せることになります。
ですので、上演ごとに微妙に違いが見られたりもします。
また、公演期間中に、観客の方の意見によって公演内容を変えるようなことも出来るのです。

演劇に出演をされている役者さんたちは、日々稽古を重ねて演技を磨かれていますので、初日の舞台と千秋楽の舞台とでは、演じ方にも違いが出てきて、役者さんの成長を感じることも出来ます。
そういった役者さんの成長を見れるのも、演劇ならではの楽しみだと思います。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社