ライフスタイル

演劇
お芝居について

お芝居についてお芝居や舞台や劇というようにさまざまな呼び方がありますが、それらをひっくるめて「芝居」という言い方をすることが出来ます。
「芝居」という言葉は、平安時代の演劇が語源になっていると言われています。
平安時代の演劇というのは、観客席が芝生の上だったそうです。
その芝生から見る演劇だから、「芝居」という名前がついた、そんな風に言われているのです。

演劇は現代でも行われており、多くの方が演劇鑑賞をされています。
演劇鑑賞をする際に、「演劇を観に行く」という言い方は、ほとんどしないと思います。
多くの方が、「お芝居を観に行く」という言い方をされています。

また、演劇を行っている人に職業を尋ねた場合、「演劇をやっている」とは言わず、「芝居をやっている」という方がほとんどではないでしょうか。
芝居という言葉の方が、演劇よりも一般的には広く使われていることがよく分かります。

また、「演劇」を「舞台」と呼ぶ方も多いと思います。
「演劇を観に行く」と言わなくても、「舞台を観に行く」という言い方は、日常的によく使われていますよね。
「舞台に出演する」と女優さんや俳優さんは言いますが、「演劇に出演する」とは言いませんよね。
「初舞台」という言葉は使いますが、「初演劇」という言葉は使う方はいないでしょう。

「演劇」というのは、とても大人な表現のように思えるのですが、日常的にはあまり使われていないことが分かると思います。
芝居や舞台といった言葉の方が、私達には親しみがあります。
「演劇」「舞台」「芝居」といった言葉は、どれも同じ意味と考えていいと思います。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社