ライフスタイル

演劇
演劇の定義とは

演劇の定義とは演劇の定義というのは、一体どんなものなのでしょうか?
舞台の上に立って役を自分なりに表現をする、役を演じるというよりかは、役になりきるということが、演技の定義と言えるのかもしれません。

映画であっても演劇と同じで、役になりきって表現を行うということには変わりはありません。
映画と演劇との違いというのは、生でお客様に演技を見せるかどうかの違いです。
ただこの違いというのは、ちょっとした違いではなく、大きな違いと言えるでしょう。

演劇の場合は、観客の目の前の舞台上で物語を展開していかなければなりません。
映画のようにカット割がありませんので、1つの物語を続けて演じていかなければならないのです。
映画であれば、さまざまな角度から撮影を何度も行って、編集を最終的には行っていきます。
つまり、観客の方たちが映画館で見る映画というのは、完成したものであると言えるのです。

演劇の公演に出演をする役者というのは、映画違った大胆さやダイナミックさというのを求められるのです。
映画

その為に役者には映画とは違ってダイナミックに演技をしなければならないと言う事が求められるのです。映画と言うのは映像である為、外国の映画であっても字幕を使って観客に見せる事が出来るのですが、演劇ではそうした手法も使えない為に外国語の演劇は日本では出来にくいと言う事も有ります。更に映画はフィルム撮影をしている為に、複製が容易に可能なため一度に大勢の人に各地で見てもらう事が出来るのですが、演劇は生身の人間が舞台の上で行う為複製が出来ません。そうした希少価値的な物がある為か鑑賞料金は演劇の方が格段に映画より高いと言う事が挙げられます。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社