ライフスタイル

演劇
キャスティングについて

キャスティングについて劇団に所属をしていても、必ず演劇にキャストとして出演をすることが出来るとは限りません。
オーディションを受けて、合格をしなければ、役をもらうことは出来ないのです。
演劇の役を決める一連の流れというのを、キャスティングと呼んでいます。

キャスティングを行うのは、演劇の演出を行っている側の人たちです。
監督や助監督、演出に関係をしている多くの方たちによって、出演する役者の方は決められていきます。
キャスティング行う側の人たちは、どういったことを基準にして役者の
キャスティングを行っているのでしょうか。

単に演技が上手いだけで、キャスティングされるということはないのです。
演出側が求めているその役のイメージに合った役者さんでなければ、まず役に決まるようなことはないでしょう。
それくらい、演出側のイメージに合っているかということは、重要なことになるのです。

演出側というのは、演劇を行うにあたって、ある程度の役のイメージというものを持っています。
役のイメージに合っているかどうかということが第一条件であり、そこから演技力やその役を演じる熱意などを見て、配役を決めていくのです。
イメージはもちろん大事ですが、演劇というのは大勢の人が1つになって行うものですので、演劇に対する気持ちの入れ方などは、ものすごく大事なのです。

1つの役に応募が殺到した場合は、何回も選考が繰り返されてようやく決まる、そんなこともあります。
オーディションに合格をすることは、とても難しいことです。
しかし、オーディションを受けることで、合格をした場合は役を演じる気合が出ますし、落ちた場合は次へのやる気が出る、どちらにしても役者として成長をすることが出来るでしょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社