ライフスタイル

演劇
演劇の練習

演劇の練習何をするにしても、基礎をしっかりとしておかなければ、応用を効かせることは出来ません。
演劇の場合も、それは例外ではありません。
演劇の技術を学ぶために学校に通われている方というのも、たくさんおられます。
演劇学校は、全国各地にたくさんありますが、学校によって演劇の教え方というのはさまざまです。

演劇学校でまず教わることと言えば、舞台でしっかりと観客に声が届くように滑舌を良くすることではないでしょうか。
滑舌を良くするためには、やはり早口言葉が1番効果的ですよね。
早口言葉は、友人たちの間で遊びでされたこともあるかと思います。
簡単そうに見えて、以外と難しいのです。

・この竹垣に竹立て掛けたのは竹立て掛けたかったから竹立て掛けたのです
・少女シャンソン歌手、新春シャンソンショー
・この抜きにくい釘、引き抜きにくい釘、釘抜きで抜く釘
といった早口言葉がありますが、言い回しが微妙に違うものや、間にストレッチが入るもの、ただでさえ話しにくい言葉ばかりが並んでいるのですが、これをさらに5回連続でハッキリと言葉を発しないといけないのです。

また、発声練習の1つには、50音を1音ずつはっきりと発音をするという練習法もあります。
発声だけでなく、演劇は身体も使います。
そのため、体力をつけるということはものすごく大事なのです。
筋肉をつけて、丈夫な身体をつくらなければなりません。
腹筋は、発声にも影響をしてきますので、演劇をされる方でしたら必ず鍛えなければならない筋肉と言えるでしょう。

それ以外にも、表現方法を喜怒哀楽分けて練習をしたり、即興でお芝居をするなど、具体的に演技力に繋がるようなことも、基礎を作るためには行わなければなりません。
基礎を固めることが出来れば、徐々に応用も効くようになり、観客の人を楽しませる演技をすることが出来るでしょう。
基礎の練習というものは、淡々としていてつまらないものです。
しかし、この基礎をしっかりしておくことで、将来の自分の演技が大きく変わってくるのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社