ライフスタイル

演劇
演劇の歴史について

演劇の歴史について演劇というのは、かなり昔から親しまれているもので、歴史として受け継がれるような輝かしい功績などもあります。
しかし、逆に輝かしくない歴史というものも存在をしているのです。

古代ギリシャ時代では、キリスト教が普及をしておりました。
キリスト教の普及が広がることで、演劇の演目内容も宗教絡みのものが多くなっていたのです。
宗教的な内容が演劇に組み込まれるのはどうか、とうう意見もあり、古代ギリシャ時代では、演劇自体を排除しようという動きもあったようです。

古代ローマ時代では、演劇を大衆芸能と呼んで、多くの方に親しまれていたようです。
古代ギリシャ時代から古代ローマ時代までの500年以上もの間、演劇というのは封印をされてしまっているような状態になっていたようです。
長い間封印をされていた演劇というものが、なぜ人々に親しまれるまで、変わることが出来たのでしょうか。

普通であれば、何百年もの間封印をされ続けているものが、復活をするなんていうことはないでしょう。
しかし、演劇というものは耐えることなく現在も受け継がれています。
実は、演劇というのは封印をされているかのように見えて、小規模の人達の間で続いていたのではないか、そのように考えられています。
ひっそりと地下などで公演が行われていた、というような話もあります。
その形が、現在の演劇にも受け継がれている部分があるとも言われているのです。

封印されていた演劇は、宗教改革が進むにつれて、庶民の間に広まっていったと言われています。
一般の庶民に広がることで、演劇と言うのは大衆化をしていったのです。
庶民に演劇が広がったことで、欧州へと一気に演劇の文化が広がり、世界的に演劇というものが確立していったとされています。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社