ライフスタイル

演劇
色んな舞台について

色んな舞台について演劇というのは、随分と昔から行われております。
シェイクスピアの四大悲劇と言われている「ハムレット」なんかは、大昔から現代までずっと演じ続けられているもので、演劇に詳しくない方でもご存知だと思います。

ハムレットは、四大悲劇と言われるくらいなので、物語はとても悲しいお話になっています。
演目名にもなっているハムレットは、主人公の名前で、デンマークの王子です。
そのハムレットが、父親を殺した伯父を復讐しようとするのですが、復讐が新たな復讐を呼び、多くの人間を死に追いやってしまう、というとても悲しい物語なのです。

昔から語り継がれている物語ですが、現代人でも当時の人たちのことを理解することが出来る物語となっています。
人間というのは、時代と共に変わっているようで、本質的な部分というのは変わっていない、そんなことがよく分かる作品です。

ハムレットがなぜ長年愛される作品になったのかと言いますと、やはり主人公ハムレットの姿に魅了される方が多かったからだと思います。
ハムレットは、人間らしさに溢れており、悩み苦しんだり、葛藤を続けている、それが作品の中でしっかりと表現をされているのです。

「To be, or not to be: that is the question.」という言葉を、舞台でハムレットが発します。
日本語では、「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」という意味になるのですが、その言葉が彼の葛藤の様子というのを表しているのです。
人間らしさに溢れている主人公の姿というのが、観客の方の心に響き、長年の間愛される作品になったのでしょう。

ハムレットは、伝統的な演劇の作品であることから、話の内容が難しいのではないかと、敬遠をされておられる方も多いです。
多くの方が鑑賞を続けられている、それだけの価値がある作品ですので、普段から演劇を観ない方でも、是非1度はご覧になって頂きたい作品です。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社