ライフスタイル

演劇
劇団四季について

劇団四季について「劇団四季」という劇団をご存知でしょうか?
劇場が近くにあったり、街角でポスターを見たり、CMを見たりで、存在自体はご存知の方が多いのではないでしょうか。
「キャッツ」や「オペラ座の怪人」、「ライオンキング」など、有名な演劇がたくさんある劇団です。

劇団四季の特徴というのは、ミュージカルの舞台構成になっているということです。
今では、ミュージカルのイメージが強い劇団四季ですが、劇団の結成当時1953年の時点では、ミュージカルで演劇を行うことを考えていなかったのです。

劇団四季が創立をしたときの劇団員というのは、10人と非常に少ない人数からのスタートだったようです。
それが今では規模も大きくなって、劇団四季の劇団員は1000人を超えているとも言われています。
少ない人数だったことから、公演回数というのも15回とかなり少なく、現在の3000回の公演回数が信じられないほどの規模だったのです。

劇団四季を長年ご覧になっている方に代表作を聞くと、ほとんどの方が
「キャッツ」だと答えられるでしょう。
キャッツは、キャストが猫の姿になってストーリーをミュージカル仕立てで繰り広げる、とても魅力的な演目なのです。
この劇団四季のキャッツによって、演劇界が大きく変わったとも言われている、それくらいに影響力が大きなものだったのです。

キャッツの人気は留まることなく、ついに「キャッツ・シアター」と呼ばれる専用の劇場まで作られることになり、演劇では異例の無期限ロングランということになったのです。
演劇のチケットに関しても、オンラインシステムを導入して、電話予約ケットを購入出来るようにしたのが、キャッツが初めてのようです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社