ライフスタイル

演劇
どんな魅力が演劇には有るのでしょうか

どんな魅力が演劇には有るのでしょうか映画やテレビドラマ、演劇というのは、役者が演じることで物語を作っているものという点では共通をしています。
しかし、演劇というのは、映画やドラマとは違った魅力というのがあるのです。
その違いが出る理由というのは、媒体の違いにあるのではないかと思います。

演劇というのは、役者が役を表現するその表現方法というのが、映画やドラマとは違うのです。
演劇をご覧頂ければよく分かると思うのですが、感情の表現の仕方が、演劇の場合はかなり大げさなリアクションを取るのです。
それくらい大げさに感情表現をして役を演じることで、喜怒哀楽の感情を役者はもちろんのこと、演劇を鑑賞されている観客も感じることが出来るのです。

映画やテレビドラマといったものには、私達が実際に体験する出来事に近い、リアルさというのを求めているのですが、演劇の場合はいかにして感情の動きというのを観客に理解してもらうか、ということが大事になってくるのです。

映画やテレビドラマは、娯楽としてご覧になられる方が多いと思います。
演劇も同じように娯楽として鑑賞をするものではありますが、より深い意味で役者の演技や物語というのを感じることが出来るものだと思います。
これは、生の演技を見ることで、役者の演技はもちろんですが、音楽や脚本についても感じることができ、1つの作品として完成されたものを観るという意味合いが強いからではないでしょうか。

映画やドラマといったものは、1人の主人公の気持ちになって物語を進めていくことが多いですが、演劇というのは、全ての役者の方の視点から物語を進めていくような物語の構成になっていることが多いです。
同じ役者が演技をして物語を作るものでも、演劇というのは、映画やドラマとはちょっと違ったものなのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社