ライフスタイル

ミュージカルの魅力
ミュージカルの構成その3

ミュージカルの構成その3ミュージカルの作品の中には、時間をかけて構成を練ってきていても、人気が出なければ数日で公演を打ち切りになる、そんなこともある厳しい世界でもあるのです。
これは海外のミュージカルの世界の特徴なので、日本とは大きく違ってくる点でもあります。

日本の場合は、劇場と会場の契約をしていることから、決められた上演期間は、ヒットをしようがしまいが上演を続けることが一般的です。
会場を使うことが出来る期間というのが最初の契約時点で決まっているので、いくら大ヒット作品だったとしても契約期間が過ぎてしまうと、公演を延長させるようなことは出来ないのです。

1つのミュージカルを作りあげるには、どれくらいの期間が必要になるのでしょうか?
ミュージカルを制作するとなると、最低でも1年以上は期間がかかることが一般的のようです。
ミュージカルの場合は、「カンパニー」と呼ばれる大きな団体が最初から最後まで制作に関わることになります。

まず最初は、プロデューサーによってミュージカル作品の企画が立てられ、ミュージカルにかかる費用を用立ててくれる出資者を募ります。
出資者がある程度集まれば、作品の制作へと取り掛かることが出来るのです。
作品の構成がまとまってくれば、オーディションを行って出演者を決めていきます。

ミュージカルに出演をする役者はオーディションで決めるのですが、実力主義の世界になります。
実力さえ認められれば、新人でも主演の役をもらえることもあるのです。
無名の新人がいきなりスターになることもあれば、スターが出演を出来ないようなこともあるのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社