ライフスタイル

ミュージカルの魅力
ミュージカルの構成その2

ミュージカルの構成その2ミュージカルには音楽がなければ始まりません。
そんなミュージカルの音楽は、一般的にはオーケストラを会場に入れて生演奏を行います。
オーケストラではなくバンドを入れて演奏をさせることもあります。
しかし、日本では生演奏ではなくテープなどを流して録音の音楽を流すことが多いようです。

オーケストラによる生演奏があるミュージカルでは、舞台の下にオーケストラが演奏を行う演奏用スペースが用意されていることもあります。
舞台の手前にオーケストラの演奏用スペースがあることもあり、これらを「オーケストラピット」と呼んでいます。

オーケストラの配置というのはさまざまで、舞台上にオーケストラのスペースがあることもあれば、役者の方とオーケストラが混ざって演技を構成するようなこともあります。
ミュージカルと1つに言っても、音楽の形というのは大きく変わってくるのですね。

ミュージカルでは舞台装置がどのようになっているか、みなさん気になることではないでしょうか?
舞台装置に関しても、作品ごとに舞台セットや音響装置が異なります。
作品に合わせて作るのが一般的ではあります。
劇場に備え付けられている設備をそのまま使うようなことは、ミュージカルの場合はまずありません。

1つの作品を作るのに膨大な費用がかかるイメージがあるミュージカルですが、その興行形態はどのようになっているか、気になるでしょう。
アメリカやイギリス、ブロードウェイ、ウエスト・エンドなどの海外の
ミュージカルでは、人気がないと判断をした場合は、すぐに上演が打ち切りになるようなこともあるようです。
収益が見込めないものは、バッサリと切ってしまうようです。
逆に、人気のある作品は、長期間上演を続けるロングラン公演になるのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社