ライフスタイル

ミュージカルの魅力
ミュージカルの上演その3

ミュージカルの上演その3ミュージカルは劇場で行われていますよね。
ですので、劇場との契約が切れてしまうと、いくら大ヒットの作品であっても、公演が終わってしまうのです。
劇場との契約期間は1ヶ月というところが多いので、いくら大ヒットをしたとしても1ヶ月分以上の収益を見込むことは出来ないのです。

ですので、どれだけ作品の評価が高いミュージカル作品であっても、高い収益を生み出すということは難しいのです。
収益を上げるためには、ロングラン上演をすることが必要不可欠なのです。

海外では、トライアウトと呼ばれる、上演を続けながら作品の手直しを行い、最終的に完成系に持っていくというような、ミュージカル作品の上演方法があります。
海外では当たり前のように行われているトライアウトですが、日本では非常に難しいと言われています。

制約と言えるものが多いため、短期間で大勢の観客の方に来ていただこうとするのであれば、映画やドラマ、舞台などで有名な俳優さんや女優さんを使うという方法しかなくなってしまうのです。
ファンが大勢いるような役者さんを使うことで、集客力が上がりますので、安定をした収益を得ることが出来るのです。
ですので、海外のように新人の方を起用することが出来ないのです。

日本では、ミュージカルを行う劇場やホールなどの貸出規制が厳しいということも、問題の1つになっています。
私達日本人は、公共施設側が決めた規制を当たり前のように思ってしまっていますが、他の国の方からすると考えられないことも多々あるようです。
都市部はまだしも地方公演ともなれば、ロングラン公演は不可能に近く、月単位の公演も実現をさせるのが難しいようです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社