ライフスタイル

ミュージカルの魅力
ミュージカルの曲

ミュージカルの曲ミュージカルには音楽がつきものですが、ミュージカルで使われたものがヒットソングになるようなこともあります。
また、ミュージカルで使われていた曲が、後々にヒットソングになるというようなこともあります。

「ラ・マンチャの男」や「見果てぬ夢」といったものは、多くの歌手がカバーするくらいに、人気の曲となっています。
また、ミュージカルの作品よりも曲の方が先行をしてヒットをしたというようなものもあります。
それが「キャッツ」で使われている「メモリー」という曲です。

ミュージカルの曲がスポーツ界で使用されることも多く。「ジキル&ハイド」の曲の、「今このとき」は、92年のアルベールビル冬季オリンピックの公式テーマソングとなりました。
「わたしを野球につれてって」で使われれている曲は、メジャー・リーグの試合の際に、7回の攻撃前に球場で流れていたりもします。
「回転木馬」の曲の「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」は、サッカーのサポーターソングとして使用をされています。

「サウンド・オブ・ミュージック」は、ミュージカル作品そのものが世界的に有名になっていますが、その作品の中にはたくさんのヒットソングが存在をしています。
「ドレミのうた」や「エーデルワイス」といった曲は、日本だけでなく世界中で愛されている曲の1つです。

最初は1ミュージカルソングだったものが、後々に世界的に大ヒットとなることも珍しいことではないのです。
ミュージカルは演劇のように思いがちですが、音楽界にも大きな影響を与えることが分かると思います。
「見上げてごらん夜空の星を」というミュージカルが、日本の作品では大ヒットをしました。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社