ライフスタイル

ミュージカルの魅力
ミュージカルの歩みその6

ミュージカルの歩みその6ミュージカルは衰退をしていき、リバイバル公演で人気のスター俳優が出演する程度まで落ちていきました。
この時代で代表的な作品と言えるものは、ユル・ブリンナーの「王様と私」やライザ・ミネリの「シカゴ」といったものです。

衰退を続けていたミュージカルの世界ですが、1980年代に突入をすると、また大きな変化を起こすことになるのです。
その立役者となったのは、アンドリュー・ロイドウエーバーという作曲家です。
彼は、20世紀最大の作曲家と言ってもいいくらい、偉大な方でした。
アンドリュー・ロイドウエーバーは、イギリスでオペラとミュージカルを融合させて新たなミュージカルというものを作ることに成功をしたのです。

アンドリュー・ロイドウエーバーの作品というのは、セリフが全て歌になっているという特徴があります。
彼の代表作で現在でも世界各国で上演をされているロングラン作品は、「キャッツ」という作品です。
日本でもロングラン上演をされているので、多くの方がご覧になったことがあるでしょう。
1981年に公演がスタートし、30年以上世界中の人に愛され続けている作品なのです。

彼の功績によって、20年に及んだミュージカルの暗黒時代が終わりました。
そして、ロンドンがミュージカルの聖地として世界中に知れ渡ることになったのです。
その後は、アンドリュー・ロイドウエーバーに負けじと、ライバルがフランスで登場をすることになります。
クロード・ミッシェル・シェーンベルグという方で、代表作は皆さんもご存知の「レ・ミゼラブル」です。

その後も、アンドリュー・ロイドウエーバーは、数々のヒット作を誕生させました。
皆さんもご存知の「オペラ座の怪人」や「アスペクツ・オブ・ラヴ」も、彼の作品なのです。
クロード・ミッシェル・シェーンベルグも「ミス・サイゴン」というヒット作を生み出し、イギリスのミュージカル界は活気に溢れました。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社