ライフスタイル

ミュージカルの魅力
ミュージカルの歩みその3

ミュージカルの歩みその320世紀の初めに、喜歌劇(オペレッタ)は大きな発展期を迎えました。
その立役者になったのが、ハンガリー出身の作曲家であるフランツ・レハール氏とエメリッヒ・カールマン氏です。

彼らは、オーストリアのウィーンにて、喜歌劇(オペレッタ)のヒット作品を次々と作り出したのです。
彼らが作った作品というのは、明るくて楽しい雰囲気のものが多く、またダンスの素晴らしさで高い評価を受けていました。

20世紀初期の時代のミュージカルといったものは、高度な声楽技術や規模の大きな楽器演奏が必要となっていました。
レハールの作品の「メリー・ウイドー」は、その頃最新の機器であったラジオなどでオンエアをされ、大衆に広く知れ渡っていたのです。
ミュージカルの原型とも言えるものは、ウィーンで誕生したということになります。

20世紀になると、アメリカが先進国として世界を動かすようになりました。
第一大戦中の特需により、アメリカはかつて無い好景気を手にしたのです。
そんな時代のアメリカ・ニューヨークでは、ガーシュイン兄弟によって
ボードビル・ショーやシアター・ミュージカルといったものが広められることになったのです。
彼らが行ったことは、アメリカでミュージカルを広げるスタートとも言えるもので、アメリカミュージカルの父と今では呼ばれています。

ウインナ・ミュージカルは、ナチスの台頭により後退したのですが、それに替わってニューヨークのブロードウェイが、ミュージカルとして確立をしていきました。
ブロードウェイは、今でもミュージカルの聖地として世界中で知られています。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社