ライフスタイル

ミュージカルの魅力
ミュージカルの歩みその2

ミュージカルの歩みその2ベルリンオペレッタやロンバーグといったミュージカルというのは、オペラからミュージカルへと変わる段階的な状態のものもあります。
レナード・バーンスタインという方は、オペラとミュージカルのどちらの作品にも携わっています。

彼は、オペラとミュージカルの両方の作品を作っていますが、オペラは歌でストーリーを進めていくもので、ミュージカルは登場人物の感情を歌にするものだと考えていたようです。

ミュージカルというのは、一体どこからいつ頃に誕生をしたのでしょうか?
18世紀から19世紀のヨーロッパで行われていたオペラやバレエといったものが原点ではないかと言われています。
お芝居をしながら歌ったり、音楽に合わせて踊るというような、ミュージカルでも行われる基本のことが、この時代からもう行われていたのです。

18世紀から19世紀の当時のアメリカというのは、移民が集まって出来たまだ新しい国であったことから、そこまで力がありませんでした。
ですので、大きな規模でオペラやバレエの公演を行うというのは、人材や資金面を考えると、不可能であったと言われています。
また、公演が行われていても、オペラやバレエといったものは芸術として扱われていたことから、貴族などの地位の高い人の娯楽であり、庶民には縁がないものだったのです。

そんな中、色気を出した寸劇や歌、踊り、手品というものを取り入れたボードビル・ショーへと発展をしていったのです。
このボードビル・ショーは、アメリカで独自的に発展をしていったもので、ミシシッピー川の沿岸で公演を行っていたようです。
これが後々にミュージカルとして確立をしていったとされています。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社