ライフスタイル

ミュージカルの魅力
ミュージカルの歩みその1

ミュージカルの歩みその1ミュージカルというのは全国各地で上演をされており、誰もがミュージカルの存在を知らないということはなくなりました。
実際に、ミュージカルの舞台をご覧になったことがある方も多いのではないかと思います。
ミュージカルをご覧になっていなくても、テレビCMや番組なんかで紹介をされていますので、大体どういったものであるかということは、分かるのではないでしょうか。

今では世間一般に認知をされているミュージカルですが、昔は人々にとってどのような存在だったのでしょうか。
ミュージカルの歴史について、今回はお話をしていきたいと思います。

ミュージカルの始まりというのは、パリで行われていた「オペラ・コミック」という1つのジャンルだと言われています。
「地獄のオルフェ」の作曲者であるジャック・オッフェンバックという人の影響をヨハン・シュトラウス2世が受け、ウィーンでオペレッタを発展させていったのです。

オペレッタでもベルリンオペレッタというものがあるのですが、それらをハーバートやフリムル、ロンバーグがアメリカに持ち込み、ニューオーリンズという地でショーという形でオペレッタが行われ、それがミュージカルへと発展をしたのです。

第1次世界大戦後のオペレッタの作品というのは、ミュージカルと区別をすることが難しいと言われています。
そのことから、オペレッタとミュージカルは深い繋がりがあることが分かります。

オペレッタの特徴というのは、オペラ独特の発声法でドイツ語の歌詞を歌手が歌ったり、クラシックの管弦楽団、バレエのダンスというのを、披露することではないでしょうか。
それと比べてミュージカルは、歌い方は作品によって自由であり、歌とダンスを一体化させることもあります。
また、歌詞は英語であるという特徴があります。
また、演奏に関しても、作品によってさまざまな楽器が使われていたりと、型が決まっていない自由な点が、特徴であると言えるでしょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社