ライフスタイル

ヒップホップ
日本のヒップホップ

日本のヒップホップヒップホップというのはアメリカで生まれたのですが、それが1980年代初期に日本に伝わってきました。
日本に入ってきた当時というのは、ヒップホップは音楽の一ジャンルとして確立をされたものではありませんでした。

ヒップホップの導入にあたって、ラップ調の曲が多く作られるようになりました。
また1982年には、ヒップホップダンスとして映画フラッシュダンスというのが、人々の注目を集めるようになりました。
これまでにないようなミュージックとダンスが、若者たちにとってはすごく新鮮で刺激的なものだったのです。

ヒップホップがどんどんと人々に認識をされるようになると、多くのヒップホップミュージシャンが登場をし出しました。
ミュージシャンによるブレイクダンスとラップミュージックが、世間の注目を集めたのです。

日本では、先行をしてミュージックやダンスといったものがヒップホップとして入ってきたことから、ヒップホップ=音楽のように思われている方が多いようです。
しかし、ヒップホップの発祥地であるニューヨークでは、ヒップホップは音楽を含めた文化そのもののことを意味しているのです。

DJやMCといった存在が若者の人気を集め、ヒップホップが世間一般にも認識をされるようになりましたが、元々はメジャーな音楽ではなくアンダーグラウンドな音楽だったのです。
しかし、現在ではヒップホップは、1つの音楽ジャンルとして認められるようになりました。
ヒップホップの曲やダンスを披露するアーティストも増えてきていることから、私達は知らないうちにヒップホップに触れて生活をしているのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社