ライフスタイル

ヒップホップ
ヒップホップの用語

ヒップホップの用語ヒップホップはアメリカで生まれて、文化として世界中に広がっていきました。
日本でも若者を中心としてヒップホップは広がりを見せ、ミュージシャンやアーティストの方が、ヒップホップのミュージックやダンスをテレビやステージで披露する機会が増えてきました。

私達日本人の間では、ヒップホップはミュージックという認識が強いのですが、実はヒップホップというのは、ミュージックはもちろんですがその背景にある全てのもの、つまり文化ということになるのです。
文化という奥深いものであることから、ヒップホップの世界だけで通用をするような言葉がたくさん存在をしているのです。

インターネットで検索をかけてみると、ヒップホップ用語集がたくさん出てくると思います。
今回は、ヒップホップ用語の一部をご紹介したいと思います。
「アンダーグラウンド」という用語があるのですが、これは直訳地下を意味しますが、ヒップホップの世界ではメジャーじゃない人のことを言うのです。

また、「イル」という言葉はアルファベットでILLと表記しますが、格好良い・やばいと言ったいわゆる褒め言葉として使われるのです。
ヒップホップの世界では良い意味になりますが、それ以外の世界では、マイナスの要素を含んだ意味合いになります。
「ウエッサイ」はWest sideとアルファベットでは表記するのですが、
これはアメリカ西海岸のことなのですが、日本のヒップホップの世界では、西海岸で活躍しているヒップホップアーティストの影響を強く受けている人のことを指します。

ヒップホップの始まりの頃というのをオールドスクールと呼んでいるのですが、今では世界的にヒップホップが広がる前の90年代以前を指したりもしているようです。
「スクラッチ」は、レコードを手で動かしてノイズを出すことで、「チェケラッチョ」はCheck it out,y’all、つまり皆で注目をしてチェックをしよう、そんな意味合いになります。
ヒップホップの世界では、一般の世界とは同じ言葉でも違った意味合いをするものがたくさんあるのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社