ライフスタイル

ヒップホップ
オールドスクール・ヒップホップ

オールドスクール・ヒップホップヒップホップでもオールドスクール・ヒップホップというのは、ヒップホップと呼ばれるようになる前の黎明期の時期のものを言います。
1970年代のアメリカのニューヨーク市で行われていたブロックパーティの雰囲気がある音楽のことをそのように呼んでいるのです。

その当時は、ブレイクビーツと呼ばれる手法で音楽を作っており、その音楽は非常にリズム感のあるものでした。
現代人に認識をされているオールドスクール・ヒップホップというのは、マスメディアによって決められたものなのですが、この場合は、1990年代にヒップホップが音楽界でメジャーなものとして認知をされる前までのヒップホップのことを呼んでいるのです。

黎明期つまりヒップホップがヒップホップとして世の中に知られるようになるまでの時代というのは、MCが特徴的だったと言われています。
MCというのは、音楽と音楽の間にマイクで言葉をはさむのです。
MCを最初に始めたのは、メリーメルだと言われています。
メリーメルは、コーラスに合わせて何時間もの間、MCを即興で行っていたようです。

その後、アメリカ全体でMCを入れるヒップホップが広がっていきました。
MCも徐々に変化をするようになり、言い回しやリズムの取り方などの技術が高まって、多様性があるものが見られるようになりました。
現代のヒップホップに欠かせない韻を踏むというのも、このときから始まったようです。

サンプリングと呼ばれる、1つの音楽に他の音楽を切り取って導入をするといった手法も、ヒップホップで取り入れられるようになりました。
このサンプリングによる音楽作りの効率を上げるために、ミックス技術やスクラッチ技術が発達していったとも言われています。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社