ライフスタイル

ヒップホップ
ヒップホップ文化

ヒップホップ文化私達は、ヒップホップを単に音楽やファッションのジャンルの1つのように考えてしまっています。
しかし、ヒップホップの本来の意味というのは、アメリカのニューヨークに住む若者の文化そのもののことなのです。

ヒップホップというものは、人工的に作り出したものではなく、スラム街に住む若者が自然に作りあげていったものなのです。
それを後になってヒップホップと呼ぶようになったのです。

ヒップホップというのは、ダンス、ラップミュージック、グラフィティアート、DJの4つに大きく分けることが出来ると言われています。
ミュージックというと、ヒップホップミュージックとラップミュージックがあり、その違いをきちんと理解をされている方というのは、非常に少ないようです。
ヒップホップミュージックというのは、ヒップホップという文化の中での音楽という概念になり、ラップミュージックというのは、音楽の1つの形つまりジャンルということになるのです。

文化というのは、1つの文化がそのまま伝わるのではなく、さまざまな文化が影響しあって変化をしていくことが非常に多いです。
ヒップホップも文化の1つとして確立をした1980年代から、少しずつではあるのですが、変化をして形を変えてきてはいます。

日本にこのヒップホップが伝わったのは、1990年代になってからと言われているので、ヒップホップ発祥から10年くらい経過をしていたことになります。
アメリカと日本では、もともとの文化の違いもありますので、普及の仕方というのはアメリカとは違った形になっていることもあります。
ただ、ヒップホップという文化そのものの形というのは変わりようがありませんので、ダンスやミュージックは共通点が多く見られます。
現代の日本では、数十年前は考えられなかったヒップホップ文化が広がっているのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社