ライフスタイル

カフェ様々
インターネットカフェ

インターネットカフェ「インターネットカフェ」とは、店内にパソコンが設置してありインターネットにアクセスすることができるカフェのことです。
アメリカなどでは「サイバーカフェ」ということもあります。
一般的に「ネットカフェ」とか「ネカフェ」などの略称で呼ばれています。

日本では2001年以降にパソコンの価格や導入費用コストが低減したことや、モデムの取り付けを個人でも設置できるようになったことで急速にインターネット環境を利用する人が多くなりました。
それに伴い常時インターネットに接続可能なADSLなどの環境が整備されて、低価格で利用できるようになったことで急速に普及していきました。
このような要素によってマンガ喫茶などでインターネットの導入が進み、インターネットカフェへと展開していったのです。

自宅にパソコンやインターネット環境がない人、常時接続環境を持っていない人、外出先からインターネットに接続したい人などが多く利用するようになりました。
マンガ喫茶では、マンガや雑誌と並びパソコンの導入でオンラインゲームをする人が増えるなど、集客に大きく貢献していきインターネットカフェの人気が定着していきました。
こうしてマンガとネットを複合化したネットカフェのチェーン店が多くの企業によって展開されていきました。
ネットカフェは消費者のニーズによって大都市から地方都市へも出店の場を広げていきました。

利用料金は、長時間滞在する人ようにお得なパック料金を用意しているお店が多くお得に利用することができます。
ゲームやインターネットが使いたい放題、マンガや雑誌は見放題、ドリンクは飲み放題という形態が多いです。
座席は自分で選ぶことができるお店とお店側から指定されるお店があります。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社