健康・サプリメント

ウコンの効用
保存方法

保存方法ウコンの正しい保存方法について説明します。
せっかくウコンにいい効能があったとしてもきちんと保存していないと、有効成分が失われてしまい正確な効能を受けられなくなってしまう可能性がありますから注意してください。
一般的にウコンを保存するときにとられている方法で多いのが「乾燥」です。
多くの人が乾燥させてウコンを保存していると思うのですが、しかし実際にこれはあまりおすすめできない方法なのです。
ウコンの成分の多くは揮発性のものなので、乾燥させた状態で保存すると、ほとんどが失われてしまうからです。
有効成分が失われたウコンを摂取したとしても、何の効能も得ることができないと思います。
ウコンの保存方法について正しい方法を知っておく必要があります。

おすすめの保存方法は「冷凍保存」です。
冷凍保存をすると、使いやすくてウコンの効能が落ちることもありません。
冷凍保存しておけば使いたいときにすぐに使うことができるので、使い勝手もいいです。
保存する際には、ウコンをきれいに洗います。
きれいにしたウコンをすり落とします。
冷凍保存するときには、春ウコンや秋ウコンや紫ウコンなどいろんな種類のものを一緒にまぜて入れておくといいです。
種類別にして同じ種類のものだけを1つの袋に入れた方がいいと考えてしまうかもしれませんが、ウコンの効能は種類ごとに違うため、いろんな種類が混ざっていた方が高い効果を期待することができるのです。

冷凍保存する際には、利用しやすいように1日分の量をわけて保存するようにしてください。
個別に包装しなくても、まとめて1つの袋に入れるかラップに包んで、1日分の量のところで線を引いて凍ったものを割って取り出しやすいようにしておきます。
袋をしっかりと閉じて保存するようにしてください。
少しでも袋が空いていると、ウコンの成分が揮発して逃げてしまいます。
袋が空かないように数回折り曲げておくといいと思います。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社