健康・サプリメント

ウコンの効用
脂肪肝

脂肪肝「脂肪肝」の予防や改善にもウコンが効能を発揮すると言われています。
脂肪肝を治すのに一番有効なのは、食事の量を今まで食べてきた分の4分の3くらいに減らして、1日20分のウォーキングを1週間に3回すれば、2週間ほどで症状が改善されて、1ヶ月から2ヶ月で肝臓の状態が正常になると言われています。
脂肪肝は、肝臓の中に脂肪が溜まってしまって肝臓機能が悪くなってしまうことです。
脂肪肝になったとしても、目立った自覚症状はあらわれません。
しかしこれは生活習慣病の初期の状態なのです。
脂肪肝の状態を続けてしまうと、「糖尿病」や「痛風」などになってしまったり、さらに長期間続けると「肝硬変」や「肝ガン」に発展したりしていくことがあるとされています。

今では日本人の3人に1人が脂肪肝と言われるほどその数は急増しています。
脂肪肝の主な原因としては、食べすぎや飲みすぎです。
そのため食事の量を減らして、適度に運動を続けることで治っていきます。
しかしこれを続けることが難しいという人には、ウコンの効能を利用して治していくことも一つの方法だと思います。

ウコンは動物実験の結果、脂肪肝の改善に効能を発揮することがわかっています。
主成分の「クルクミン」が胆汁の分泌を促進することで、脂肪の消化、脂溶性のビタミン吸収率をアップさせることができます。
しかし大量に摂取しすぎると今度は鉄欠乏症貧血になってしまうことがあるため、10g以上の摂取はやめたほうがいいそうです。
また長期間の摂取も体によくありません。
適度な摂取量で一定期間の摂取にとどめることで正しい効能を得ることができます。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社