健康・サプリメント

ウコンの効用
ウコンと鉄分

ウコンと鉄分肝臓の機能を高める効能があることで知られているウコンは、「C型肝炎」の人や「NASH」の人が摂取する場合には注意しなければいけないことがあります。
それがC型肝炎やNASHの人の場合、鉄分摂取量が制限されているからです。
1日あたり6mgを摂取上限とされているようです。
ウコンを使った製品の中には鉄分が多く含まれているものがあります。

ウコンを使った製品には、鉄分の含有量をきちんと表示しているものもありますが、中には表示していないものもあるので気をつけなければいけません。
ですからウコン製品を買うときには鉄分の含有量について確認してから買う必要があるのです。
C型肝炎の人の場合、鉄分を調整する体の機構がうまく働きません。
そのため肝臓に鉄分が過剰に蓄積されてしまうのです。
鉄分の働きは私たちの体の中で赤血球中のヘモグロビンを作っている栄養素の一つです。
鉄分が貧血予防に効果があることは多くの人が知っていることだと思います。
しかし逆に鉄分が過剰になってしまうと、肝細胞の中で大量にフリーラジカルが発生してしまい、細胞膜やDNAを傷つけてしまうことになるのです。
このことが肝炎や肝ガンの発生に影響していると考えられています。

ウコンだけではなく、レバーやしじみなどにも「グリコーゲン」が多く「鉄分」も多く含まれている食材があります。
これらは急性肝炎の症状改善に効能を発揮すると同時に慢性肝炎にも効能があると信じられています。
鉄分の含有量などに十分に注意して摂取していく必要があると思います。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社