健康・サプリメント

ウコンの効用
春ウコン

春ウコン春ウコンの効能や効果について説明します。
春ウコンというのは、4月から5月にかけてピンク色の花を咲かせる多年草です。
正式名称は「キョウオウ」です。
インドや台湾、日本においては種子島や屋久島や沖縄で栽培しています。

春ウコンは、掘り起こした根でも再びそこから花が咲くという強力な生命力を持っています。
そのため中国では生薬として愛用されています。
日本では春ウコンを使った健康食品がたくさんあります。
健康食品でウコンを使っているもののほとんどが「春ウコン」です。
食べると、強烈な苦みで胃もたれを改善して清涼感があるため、二日酔いの改善にも効果を発揮すると言われています。

春ウコンは秋ウコンよりも「クルクミン」の含有量が少ないです。
しかしその分精油成分が多くなっていて1000を超える有効成分が入っています。
「鉄」、「マグネシウム」、「カルシウム」、「食物繊維」、殺菌効果のある「シネオール」、抗炎症作用のある「アズレン」などです。
さらに「クルクメン」という抗ガン作用や利尿作用のある成分や、「ターメロン」という胆汁分泌促進作用のある成分が入っているため、健康増進へ優れた効能を発揮します。
春ウコンは昔から生薬として使われていて、万能薬として親しまれてきました。
現在はガンの予防効果、肝機能の強化など体の様々な機能をサポートするための健康食材として多くの人に愛用されています。
しかし過剰摂取をしたり長期服用をしたりすると、逆効果で副作用がでることもあるため注意しなければいけません。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社