健康・サプリメント

ウコンの効用
飲むタイミング

飲むタイミングウコンを飲むタイミングについて効果的な方法を紹介します。
1つ目はウコンを食後に飲むという方法です。
1日数回ウコンを食後に飲むようにすると、消化吸収が良くなるためいいと思います。
クルクミンには油に溶けやすい成分です。
そのため油を使って調理された料理を食べた直後に飲むと、体内に効率よく吸収させることができます。

2つ目は「イースト菌」や「乳酸菌」や「レシチン」などと一緒に飲む方法です。
「イースト菌」は「パン」や「ナン」などに含まれている成分です。
「乳酸菌」は「ヨーグルト」などに含まれている成分です。
「レシチン」は「大豆」や「卵」に含まれている成分です。
これらが組み合わさることで強力な抗酸化物質に変わります。
そのためウコンの効能が通常よりも強力になると言われています。

3つ目はお酒を飲んだ後飲む方法です。
先ほども述べたようにウコンには二日酔いを防止してくれるという効能があります。
お酒を飲む前でも飲んだ後でも、ウコンを飲むことで二日酔いの原因物質を素早く解消することができます。
一般的にはお酒を飲んだ後にウコンを飲んだ方がいいそうです。
お酒を飲むと体内でアルコールを分解するときに「アセトアルデヒド」という物質が発生します。
お酒を飲み過ぎてしまうことでこの物質が大量に発生してしまい、気分が悪くなるのです。
ウコンを飲むことで肝臓を活発に動かして、この原因物質を素早く分解して排出することができて気分が悪くならないというわけです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社