健康・サプリメント

野菜の保存
野菜の保存の仕方【とうもろこし】

野菜の保存の仕方【とうもろこし】【とうもろこし】
「とうもろこし」は、非常に甘みが強いことから、デザートの1つだと思われている方もおられるかもしれません。
そのため、とうもろこしが野菜だったとご存知無い方も多いようなのです。
確かに、お菓子でポップコーンを食べたりと、とうもろこしの種類というのは、ご飯以外に食べる機会も多いのです。

とうもろこしを保存する方法ですが、「冷凍庫」での保存をお勧めします。
収穫してそこまで日数が経っていなければ、常温保存をしてもいいのでは?と思われるかもしれませんが、とうもろこしは乾燥を非常にしやすい野菜ですので、常温保存には適していない野菜なのです。

旬の時期になると、皮付きの状態でとうもろこしを購入することが出来ます。
そんな皮付きのとうもろこしを買った場合は、5日程度であれば立てた状態で冷蔵庫保存をすることも出来ます。
しかし、日数が経てば経つほど、風味や味というのは落ちてしまいます。
皮を剥がした状態だと、冷蔵庫に保存をしていても、粒の水分が奪われてしまい、味や風味が落ちていきます。

そういったことを考えると、やはり冷凍庫での保存がベストだと思います。
冷凍庫で保存をする場合は、茹でて下処理だけはしておくようにしましょう。
1本そのままが大きいと思うのであれば、何等分かにカットをしても良いです。
好きな大きさにカットをしてから、冷凍庫に入れて保存をしましょう。

冷凍庫に入れて保存をする際は、1つずつラップで包んで下さい。
こうしておくことで、かなり日持ちをさせることが出来るようになります。
解凍をしてそのまま食べるのもいいですが、粒を取ってサラダに加えたり、スープにするというのが、一般的ではないでしょうか。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社