健康・サプリメント

野菜の保存
野菜の保存の仕方【ほうれん草・小松菜】

野菜の保存の仕方【ほうれん草・小松菜】【ほうれん草・小松菜】
今では、さまざまな種類の野菜が年中食べられるようになっています。
しかし、野菜というものにはそれぞれ旬の時期というのがあるのです。
旬の時期の野菜というのは、単に美味しいだけではなく、栄養価が非常に高いことから、私達は旬の時期に合わせて旬の野菜を食べるということを、考える必要があるのです。

野菜の中でもほうれん草は、特に旬の時期に収穫されたものの栄養価が高いと言われています。
夏の時期にとれたものに比べると、3倍ものビタミンCが含まれていると言われています。
ほうれん草と似た冬が旬の野菜に小松菜という野菜があります。
小松菜も冬の時期にたくさん食べてもらいたい野菜です。

ほうれん草と小松菜の保存方法として適しているのは、「冷蔵庫」や「冷凍庫」での保存です。
保存をする際に気をつけなければならないのは、根本を乾燥させてしまわないことです。
ですので、キッチンペーパーや新聞紙を濡らしたもので、根本を巻くようにして下さい。
さらにビニール袋やラップで包んであげると、なお乾燥防止に繋がります。

冷蔵庫で保存をする場合は、畑にある状態つまり根本部分が下になるようにして、立てた状態で野菜室に入れるようにしましょう。
さらに長持ちをさせたいのであれば、ほうれん草や小松菜を入れたビニール袋を膨らませておくことです。

ほうれん草や小松菜は冷凍保存も出来るのですが、その場合はした処理をする必要があります。
塩を入れたお湯で茹でて、冷めてから水気をしっかり取り、1回分の使用量ずつ小分けにして冷凍庫に入れるようにしましょう。
冷凍保存にすると、生の状態よりもどうしても風味が落ちてしまいます。
ですので、冷凍保存をした場合の使い道としてお勧めなのが、味噌汁などの汁物です。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社