健康・サプリメント

野菜の保存
野菜の保存の仕方【ブロッコリー・カリフラワー】

野菜の保存の仕方【ブロッコリー・カリフラワー】【ブロッコリー・カリフラワー】
ブロッコリーやカリフラワーといったものは、存在感があることから、サラダや炒め物に重宝をする野菜です。
今では年中当たり前のように食べることが出来る野菜になっていますが、実はこれらの野菜は秋野菜なのです。

ブロッコリーやカリフラワーは、非常に栄養価が高いことから、積極的に摂取をお勧めする野菜の1つでもあります。
味や食感に若干の違いはありますが、保存方法は非常によく似ています。
ブロッコリーやカリフラワーの保存方法としてお勧めなのは、「冷蔵庫」と「冷凍庫」で保存をするという方法です。

冷蔵庫に入れて保存をする場合は、水を少し張った状態のボールに入れてラップをかけて保存をすると良いと言われています。
短期間で鮮度や味が落ちてしまうことから、保存期間は出来るだけ短くするようにし、早めに食べることを心掛けて下さい。

ブロッコリーやカリフラワーは冷凍保存をすることも出来るのですが、生の状態ではなく下茹でをした状態にしてから、冷凍庫に入れる必要があります。
茹で上がったものを冷ましてから密閉容器に入れ、冷凍庫に入れるようにしましょう。
冷凍をしておくと、風味が閉じ込められますので、保存期間をかなり伸ばすことが出来ます。

ブロッコリーやカリフラワーは、ビタミンCが豊富に含まれていますので、美容を気にされる方にはオススメの野菜です。
サラダに使うことが多い野菜ではありますが、炒め物としても十分美味しい味を出してくれます。
エビと一緒に炒めて、オイスターソースで中華風に味付けをすると美味しいですよ。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社