健康・サプリメント

野菜の保存
野菜の保存の仕方【れんこん】

野菜の保存の仕方【れんこん】【れんこん】
「れんこん」は、調理をしても独特のシャキシャキ感が残るため、料理のアクセントになる野菜と言えるでしょう。
そんなれんこんの旬の時期は、秋だと言われています。
れんこんを使った料理には、筑前煮やきんぴらなど、和食によく使われるイメージがありますが、クセがないことからさまざまなジャンルの料理に使用をすることが出来るのです。

れんこんを保存する場合ですが、「冷暗所」や「冷凍庫」での保存がお勧めとなっています。
保存が難しい野菜ではありませんので、そこまで気を使う必要はないのですが、風通しを良くして日光を直接当てないようにだけ、心掛けるようにして下さい。

れんこんを購入する場合、生のそのままの状態のものと、水煮になっているものの2パターンに大きく分かれます。
水煮のものは、既に加工をされているものですので、常温ではなく冷蔵庫で保存をするようにしましょう。

以外かもしれませんが、れんこんは冷凍保存をすることも出来るのです。
冷凍保存をする場合の注意点としては、生の状態ではなくした処理をしておくということです。
輪切りや半月切りにして、酢で5分程度茹でて下さい。
その際に、灰汁を取ることを忘れないようにしましょう。
ごぼうと冷凍保存をする際の下処理の方法が似ているのですが、れんこんの方がごぼうよりも茹で時間が長くなります。

れんこんは、根菜類の中でも非常にビタミンCが多く含まれていると言われています。
風邪予防や美容に効果がある野菜として知られていますので、積極的に摂取をして欲しい野菜の1つです。
保存方法はそこまで難しくありませんので、おいしく食べるためにちょっとした工夫を頑張ってみて下さい。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社