健康・サプリメント

野菜の保存
野菜の保存の仕方【たけのこ】

野菜の保存の仕方【たけのこ】【たけのこ】
たけのこは秋に旬を迎えるものですので、秋になるとたけのこを使った料理がよくご家庭にも登場をしてくるのではないでしょうか。
旬の季節以外は、水煮の形でスーパーに並んでいますが、旬の時期だけは加工をされていない皮付きのたけのこを目にすることが出来ます。

そんなたけのこという野菜は、野菜の中でも保存をするのが難しい分類であると言われているのです。
基本的には、長期保存をするということを考えない方が良い野菜と思っておきましょう。
ただ、一気に大量のたけのこを手に入れたときには、保存をするということを考えなければならないでしょう。

たけのこの保存方法として適しているのは、「冷蔵庫」です。
生のそのままの状態で冷蔵庫に入れるのではなく、下茹でをして水に浸した状態にしてから、冷蔵庫保存をするようにしましょう。
たけのこを浸した水は、数日保存をするのであれば、こまめに取り替えることをお勧めします。

たけのこは、非常に栄養価が高く、便秘やダイエットに効果があると言われています。
その他にも、生活習慣病やガン予防にも良い影響を与えてくれると言われています。
中華料理によく使われる野菜ではありますが、淡白でクセがないことから、色々なジャンルの料理に使用をすることが出来ます。

野菜の保存方法としてよく行われるサランラップを巻くという方法ですが、たけのこの場合はこの保存方法による効果というのはありません。
下茹でをして保存をする場合、1週間~10日くらいが保存の限界だと言われています。
それまでには、調理をして召し上がるようにして下さい。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社