健康・サプリメント

野菜の保存
野菜の保存の仕方【いんげん・枝豆】

野菜の保存の仕方【いんげん・枝豆】【いんげん・枝豆】
豆にはたくさんの種類がありますが、その多くが夏の季節に旬を迎えます。
「いんげん」「枝豆」といった豆も、夏野菜の1つだとされています。
枝豆なんかは、暑い夏の時期に飲むビールのお供としても最高のアテですよね。

いんげんや枝豆を保存する際に注意をしなければならないのは、いかにして風味を保つかということなのです。
いんげんや枝豆に適した保存方法は、「冷凍庫」での保存だと言われています。

いんげんという野菜は、野菜の中でも保存をしやすいと言われています。
傷みやすい野菜のように冷蔵庫で保存をする必要はなく、常温保存をすることが出来ます。
ただし、直射日光というのは傷みを早めてしまいますので、日が当たらない冷暗所に保存をしましょう。
また、密封をした状態の方が保存に適しているので、ビニール袋や瓶に入れて保存をすることをお勧めします。

茹でてしまったものは、その日のうちにすぐに食べた方が、本来の美味しさというのを味わうことが出来るのですが、残ってしまった場合は、冷凍保存をするようにしましょう。
一気に大量のものを茹でて保存をする場合は、塩茹でをして小分けにし、ラップに包んで冷凍庫で保存をするようにしましょう。
冷凍保存をしても、出来るだけ早めに食べるように心掛けて下さい。

いんげんや枝豆には、カロチンやビタミンB群といった栄養素が豊富に含まれています。
旬の時期は夏ですが、そんな夏に起こす夏バデ対策としてもお勧めの野菜です。
また、枝豆には脂肪分を分解してくれる作用があり、ダイエット食品としても知られています。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社