健康・サプリメント

野菜の保存
常備食を冷凍保存しましょう

常備食を冷凍保存しましょう仕事を忙しくされている方がご飯を作らなければならない場合、家に帰ってからご飯をゆっくり作る時間はないのではないでしょうか?
そんな方にとって助けになるもの、それが常備食なのです。

休みの日などの時間があるときに、おかずをある程度まとめて作っておいて冷凍保存をしておけば、遅く帰ってきても短時間で食事の用意をすることが出来ます。
ここでは、冷凍保存が出来る野菜を使った常備食をについて、少しお話をしたいと思います。

「きんぴら」「切り干し大根」「ミートソース」「そぼろ」「ひじき」「「ロールキャベツ」といったものが、野菜を使った料理で冷凍保存が出来るものです。
野菜は調理までにいろいろと下準備がいるものが多いですので、調理をして冷凍保存をしておけば、解凍をするだけですぐに食べることが出来るのでお勧めではあります。

冷凍でなくても、常温で野菜を保存することはもちろんできます。
塩や砂糖を使って保存をしたり、酢漬けやオイル漬けにして保存をする、ソースを作って保存をする、乾燥させて保存をするなど、さまざまな保存方法があるのです。

まとまった量を作ることで、毎日のご飯を作る時間を短縮することが出来ますし、また家計を助けることも出来ます。
自分で作った野菜を使った料理を毎日食べるようにすることで、身体にとってもプラスにはたらいてくれるでしょう。

最近では、健康のために出来合いものではなく自分で料理を作る、そんな方も増えてきています。
料理への関心が高まっており、節約料理や保存食料理のレシピ本などもたくさん登場をしてきています。
そういった書籍を参考にして、作ってみるのもいいのではないかと思います。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社