健康・サプリメント

野菜の保存
野菜の保存の仕方【大根・かぶ】

野菜の保存の仕方【大根・かぶ】【大根・かぶ】
大根は、冬の野菜であるということは、多くの方がご存知だと思います。
冬に食べる料理の代表とされるおでんやぶり大根、お鍋などに、大根は欠かせない存在ですよね。

大根と同じ根菜で似たようなものとして、かぶというのも親しまれている野菜の1つだと思います。
かぶは、大根のように煮物で使用することも出来ますが、漬物や酢漬けにして食べることが多いです。

大根とかぶの保存方法は、「冷蔵庫」と「冷凍庫」で保存をするのがお勧めです。
冷蔵庫で保存をする際のポイントは、新聞紙に包むということです。
保存場所は、やはり野菜室が良いでしょう。
購入をした大根やかぶに葉っぱが付いている場合は、葉っぱを取り除いてから保存をした方が、日持ちが良くなります。

葉っぱを取り除く理由というのは、大根やかぶが持っている栄養が、葉っぱに吸い取られてしまうのを防ぐためなのです。
大根やかぶの葉っぱは、取り除いても捨てずに漬物や味噌汁の具に使用をすることが出来ます。
カットをした状態で保存する場合は、切り口が乾燥をしないよう、ペーパータオルを濡らしたものを被せるようにして下さい。
その上にさらにラップをすると、より乾燥を防ぐことが出来ます。

冷凍庫で保存をする場合は、千切りなど調理が出来るような状態に下準備を済ませたものがお勧めです。
下茹ではせずに生の状態のまま、ラップに包んで冷凍庫に入れるようにしましょう。
大根の場合は、大根おろしをされることも多いと思います。
実は、大根おろしの状態で冷凍保存をすることが出来るのです。
水気をある程度絞って冷凍庫に入れておくと、意外に長持ちします。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社