健康・サプリメント

野菜の保存
野菜の保存の仕方【じゃがいも】

野菜の保存の仕方【じゃがいも】【じゃがいも】
今では、じゃがいもという野菜は、スーパーで年中購入することが出来ますが、じゃがいもの旬の時期というのをご存知でしょうか。
じゃがいもの旬というのは、秋だと言われています。
日本だけでなく世界中でも、じゃがいもという野菜は食べられております。

じゃがいもを使った料理は、フライドポテトや肉じゃが、カレー、ポテトサラダなど、さまざまな料理に利用をすることが出来ます。
そんな万能なじゃがいもの保存方法ですが、「常温」と「冷蔵庫」の2つの保存方法があります。
冷凍保存も出来なくはないのですが、マッシュポテトなどのように過熱をして解凍後すぐに食べられる状態にしておくことをお勧めします。

じゃがいもを保存するうえで気を付けなければならないのは、芽を出さないようにすることです。
野菜の中でもじゃがいもは日持ちをする種類だと言われているのですが、収穫から日数が経つと、芽がでてきてしまうことがあるのです。

じゃがいもに芽が生えるとなぜダメなのかと言いますと、芽にはソラニンと言われる毒素が含まれており、食べてしまうと食中毒を起こしてしまう可能性があるのです。
芽が生えてしまったじゃがいもを使用することは出来なくはないのですが、必ず芽は取らなければなりません。

じゃがいもは日持ちをする野菜と言われていますので、常温保存の場合は、風通しが良い冷暗所でそのままの状態で保存をすることをお勧めします。
芽を早く出させないためには、気温の低い場所に保存をしてあげることがポイントです。
また、じゃがいもはりんごと一緒に保存をしておくと、日持ちをすると言われていたりもします。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社