健康・サプリメント

野菜の保存
野菜の保存の仕方【里いも・しょうが】

野菜の保存の仕方【里いも・しょうが】【里いも】
「里いも」は、煮物にするとものすごくダシがしみて美味しいですよね。
そんな里いもの保存方法は、「常温」「冷凍庫」の2つの方法があります。
ここでは、具体的に里いもの保存方法をご紹介します。

「常温」で保存をする場合ですが、気温が低い場所に置いてしまうと、腐ってしまうことがあるのです。
5度以下の環境で保存は避けるようにしましょう。
温度が一定に近い状態になる風当たりの良い冷暗所での保存がお勧めです。

畑にある状態、つまり土の中で保存をしておくのが1番良いのですが、それはなかなか難しいでしょう。
ですので、新聞紙に包んで保存をするようにしましょう。
そうすることで、長持ちをさせることが出来ると言われています。
里いもは、冷凍保存も出来るのですが、その場合は、皮をむいて軽く茹でて下ごしらえをしておくようにしましょう。
皮をむくとぬめりが出ますので、ぬめりをよく落とすように気をつけて下さい。

【しょうが】
「しょうが」は、料理の主役にはなりませんが、薬味や下味で大活躍をしてくれる野菜です。
しょうがの保存方法は、「常温」「冷蔵庫」「冷凍庫」と、さまざまな保存方法を選ぶことが出来ます。

「常温」の場合は、新聞紙に包んで乾燥をしないようにして保存をしましょう。
「冷蔵庫」での保存であれば、そのままの状態で大丈夫です。
常温と冷蔵庫での保存では、日持ちがあまりしません。
冷凍保存であれば、長持ちをさせることが出来ますが、下準備をしてから冷凍をすることをお勧めします。
すりおろしたものやスライス状にしたものが、冷凍保存には向いています。
香りを逃がさないためには、ラップなどでしっかりと密封しておくことをお勧めします。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社