健康・サプリメント

野菜の保存
野菜の保存の仕方【キャベツ】

野菜の保存の仕方【キャベツ】【キャベツ】
野菜の中でも「キャベツ」は、甘みがあって、あまり嫌いだという方はいないですよね。
料理の中でも、結構よく使う野菜の1つだと思います、
そんなキャベツは、「冷蔵庫」「冷凍庫」の両方で保存をすることが出来ます。
どういった保存方法で保存をすることが出来るのでしょうか。

「冷蔵庫」で保存をする場合は、さまざまな保存方法があります。
丸々1個のキャベツを買った場合、よく半分に切って冷蔵庫に保存をされる方がおられるのですが、1度包丁を入れてしまうと、切り口から水分が外に出てしまうのです。

キャベツの美味しさというのは、水分量に大きく関係をするとも言われています。
切った状態で保存をしてしまうと、水分が奪われて旨みがどんどんなくなっていきます。
美味しくキャベツを食べたいのであれば、使うときに1枚ずつ葉を剥がして使用するようにして下さい。

野菜室にキャベツを保存する場合は、芯を下にするようにしましょう。
畑にある状態と同じ形で保存をしてあげると、より鮮度を保つことが出来ます。
さらに長持ちをさせたいのであれば、芯に切り込みを入れておきましょう。
芯に切り込みを入れる理由というのは、芯から花が咲かないようにするためです。
花が咲いてしまうと、花の方に栄養が必要になり、より鮮度の落ち方が早くなってしまうのです。

冷凍庫で保存する場合は、食べられる状態つまり千切りやざく切りにしておき、水分を含ませて保存をするようにしましょう。
キャベツを冷凍の状態から料理に使用する場合、料理が出来る状態に切るとなると、解凍をする手間が出てきます。
カットをあらかじめしておけば、その手間も省けて楽に使用することが出来ます。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社