健康・サプリメント

野菜の保存
野菜を立てて保存すると言う意味

野菜を立てて保存すると言う意味野菜というのは、収穫をすると死んでしまうわけではありません。
収穫後も生き続けているのです。
野菜の栄養素や美味しさを存分に味わいたいのであれば、収穫される前の状態に出来るだけ近くなるように保存をしなければなりません。
ですので、収穫後の野菜が余計なエネルギーを使わないように、保存をしてあげる必要があるのです。
この考え方というのは、基本的な野菜の保存法となります。

野菜を長持ちさせる保存法として、野菜を立てて保存をするという方法があります。
野菜を立てるというのは、収穫される前の畑にある状態に出来るだけ近づけてあげる、ということなのです。

野菜というのは、種類によってさまざまな状態で成長をします。
きゅうりであれば、つるにぶら下がって真っ直ぐ下に伸びていきます。
大根や人参は、土の中に真っ直ぐ埋まった状態で成長をします。
野菜というのは収穫をした後も収穫する前と同じ方向に成長をしようとします。
その際にエネルギーを使うのですが、本来の方向とは違う方向に保存をしてしまっていると、余計なエネルギーを使って、野菜の老化が早まってしまうのです。

野菜の老化が進むということは、黒ずんだり柔らかくなったりと傷みが出てきてしまうのです。
そうなると、保存期間も短くなり、すぐに腐ってしまうのです。
日持ちを良くしてあげることを考えると、野菜は生えているそのままの状態、立てて保存をしてあげる必要があるでしょう。

冷蔵庫の野菜室では、背の高い野菜でも立てて保存が出来るような作りになっていたりもします。
床下などの冷暗所であれば、なお空間に余裕があるでしょう。
野菜というのは不安定ですので、そのままの状態で立ててしまうと、倒れてしまうことがあります。
状態を安定させるには、ペットボトルを半分に切った物や牛乳パックを切った物を置いて、その中に野菜を入れるようにすると良いでしょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社