健康・サプリメント

有機野菜
オーガニック野菜

オーガニック野菜品ぞろえにとてもこだわっているようなお店に行くと「無農薬野菜」「有機野菜」「減農薬野菜」「自然栽培野菜」「オーガニック野菜」と色々な野菜が並んでいます。
それぞれ普通の野菜より少し値段が高く、どれも健康的で身体によさそうな感じがします。

しかしそれらに違いがあるのでしょうか。
例えば有機野菜はJASが定めた規格に沿って栽培していると認証を受けている野菜のことです。
無農薬野菜であれば農薬を全く使っていない野菜ということになりますし、減農薬野菜であれば使用を少し減らしたもののことでしょう。
自然栽培の場合は栽培者によって様々ですが、大きな特徴として雑草を取ったり耕作地を耕すことなく野菜を育てる農法のことです。

ではオーガニック野菜とはどのような野菜なのでしょう。
オーガニック野菜は有機栽培に準ずる方法で栽培された野菜と考えて良いでしょう。
実際英語では有機野菜のことをOrganic vegetablesと呼びます。
しかし日本で「オーガニック野菜」と呼んでいる場合はJAS法の認証を受けていないが、有機栽培された野菜という意味になります。

海外でも有機野菜は健康な食生活を送るために必要なものとして広く認知されています。
海外のカフェなどに行けば「オーガニック野菜のサラダ」などのメニューはよく見かけます。
先日旅行で訪れたフランスのレストランでは前菜が蒸したオーガニック野菜でした。
スティック状に切られて蒸してきただけの野菜でしたが、味が凝縮していてとても美味しかったです。

有機野菜をはじめ、オーガニック野菜などもとてもおいしいものです。
あなたも是非試してみてはいかがでしょうか。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社