ダイエット

ダイエット停滞期
ダイエットの停滞期と栄養その5

ダイエットの停滞期と栄養その5また、尿などで体外に排出されます。
たんぱく質が足りなくなってくると、組織に障害が出て、病原菌などの感染に抵抗できる力が低くなってしまいます。
ですから、たんぱく質不足ですと、病気になりやすい体になるのです。
また、冬の寒さにも弱くなります。
停滞期中であっても、無理して食事制限をすることなく、低脂肪でかつ高たんぱくな食事でしたらオッケーですから、たんぱく質を抜くようなダイエットはやめましょう。

そして、ビタミンも大切です。
ビタミンは、健康に大切な栄養素であり、体だけでなく、心の健康にも不可欠です。
炭水化物、たんぱく質と比べて、大量に摂取することはありません。
ですが、ビタミンが不足すると、体のあちらこちらに不調が出てきます。
ですから、停滞期でも、食事制限せずにきちんと必要な栄養はとってほしいと思います。
ビタミンと言えば、ビタミンCが有名ですよね。
サプリメントで摂取している方も多いと思います。
ビタミンCは、抗酸化物質のひとつで、効果としては、活性酸素から体を守ってくれます。
この活性酸素は老化をすすめたり、病気になったりする良くないものです。
また、ほかにもビタミンは風邪予防、血管を丈夫にしてくれる、ストレスの改善、アレルギー改善にもなります。

ストレスにも関係してくることから、ビタミン不足は心の健康も害すことになります。
ただでさえ、ダイエット中はストレスでいっぱいですから停滞期になれば余計にストレスを感じているでしょう。
そんな際にはビタミンを欠かさず摂取するようにしたいですね。
ビタミンB類も不足すれば、精神的に不安定になります。
ダイエットで精神的に参ってしまわないように、ビタミンB類なども必須です。
これら、ビタミンは野菜を食べることで摂取するようにしたいですね。
もし、過剰に摂取しても、ビタミンは尿から排泄されます。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社