ダイエット

ダイエット停滞期
ダイエットの停滞期と栄養その4

ダイエットの停滞期と栄養その4それから、糖質は、すい臓から分泌されているホルモンである「インスリン」の働きと関係があります。
これがエネルギー源の 「グリコーゲン」になり、これらは肝臓や筋肉組織に蓄えられます。
グリコーゲンは、 人間が動くため、活動するためのエネルギー源です。
ですから、糖質は活動するために大切な栄養ですが、あまってしまった糖質は残念ながら脂肪になります。
スイーツ類を食べすぎると、エネルギーとして使う以外のあまった分は脂肪となり、肥満に繋がるというわけです。

しかし、ダイエットしているからと言って、糖質を摂取しないと、体はエネルギー不足になります。
停滞期で余計に食事摂取すればなおさらエネルギー不足になります。
脂肪はグリコーゲンになりませんから、エネルギーを作るために、筋肉や内臓にあるたんぱく質が使われます。
ですから、炭水化物抜きダイエットは、糖質不足になります。
これは、脂肪を減らすことよりも、筋肉や内臓を細らせるダイエットです。
体重は落ちるかもしれませんが、基本的に活動する力がなくなります。
そして、筋肉が減れば、脂肪を燃焼させる力も減りますから、基礎代謝が下がり、結果、やせにくい体になります。

それから、たんぱく質です。
ダイエットの停滞期であっても、たんぱく質は摂取しましょう。
細胞膜や、酵素、ホルモン、血液など、体にとってはとても大切な部分を作る成分です。
私たちの体重の5分の1がなんとたんぱく質だそうです。
たんぱく質は、古くなってくると分解されて、新たに合成され、これが新陳代謝です。
分解された、たんぱく質は、活動するエネルギーになります。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社