ダイエット

ダイエット停滞期
停滞期に運動量を増やすこと続き

停滞期に運動量を増やすこと続きまた、このような過激な運動をしすぎると、誰しも空腹になります。
運動した分は食べてよいと思って、食べる量が増えてしまうことも、ダイエットが失敗する入り口です。
疲労している際は甘いものが欲しくなりますから、スイーツなどに走り、それがきっかけとなりダイエットをやめてしまうケースもあるでしょう。

運動量が多いと、お腹が空くことは当然です。
食べる量が増えることも当然でしょう。
でも、たくさん食べる体質のまま、運動をやめると、体重は急激に増加します。
運動量が減っても、食べる量が以前と同じなら、当然、また太るわけです。

考えてみれば、これと、停滞期は同じです。
停滞期に運動をして、減少がストップした体重を無理に減らせても、運動しているのですから、食欲が増加します。
そして、つらい運動、きついエクササイズは長続きしないでしょうから、運動をやめてしまう時期が来ます。
運動をあきらめた後はどうなるでしょうか?
旺盛な食欲が続き、もちろん、体重は一気に増加します。
このようなことから、停滞期に運動量を増やすことがいかにNGなのか、おわかりいただいたことでしょう。

過激な運動をして一時的に体重が落ちたとしても、体に大きな負担をかけてしていることは、長続きしません。
ですから、ダイエットの停滞期には、さらにつらい運動をして体重を落とすという選択肢は持たないほうが良いですね。
体重ばかりに気を取られずに、部分的にマッチョになるような簡単なトレーニングなどに目を向けてみてはいかがでしょうか。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社