ダイエット

ダイエット停滞期
ダイエット停滞期とホメオスタシスその4

ダイエット停滞期とホメオスタシスその4また、ホメオスタシス効果によって、体が使うエネルギーをなるべく少なくさせようとしています。
体内に入ってくる栄養、吸収できる栄養が不足している状況下では、消費されるエネルギーを少なくします。
ですから、少ないエネルギーで普段と同じくらいの活動ができるようになります。
きつい運動をしても、消費されるカロリーはそれほど変わりません。
これも、運動損になっていると言えるでしょう。

このように、停滞期に入ると、食べなくても我慢しているだけ損ですし、さらに運動しても運動損となるダイエットにとっては本当に恐ろしい時期なのです。
この停滞期で、体重が落ちないとあきらめてしまう人も多いです。
そうなると、今まで我慢していた分、もう食べることを遠慮しなくなります
これが停滞期における失敗です。
そうならないように、停滞期が起こるその理由をきちんと理解して、正しいダイエットをしなければなりません。

体の危機管理システムですから、それは希望すれば機能がストップするようなものではありません。
生命維持のために必要な、ホメオスタシス効果ですから、私たちの体には大切な機能なのです。
それがなるべくなら発動しないように、また発動したら短期間で終わるようにすれば良いのです。

では、危機管理システムが発動しないようにするには、どのようにしたら良いのでしょうか?
私たちの体は、消費カロリーと摂取カロリーのバランスの良い状態が続きますと、危機管理システムが解除されます。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社