ダイエット

ダイエット停滞期
ダイエット停滞期とホメオスタシスその3

ダイエット停滞期とホメオスタシスその3ということは、停滞期を作らないためには、このホメオスタシスを発動させないことが一番の条件となります。
ダイエットするなら、一ヶ月で体重を5パーセント以上落としてはならない、ということになりますね。
反対に言えば、5パーセント以上、一ヶ月で落ちるダイエットは、体に無理をさせているダイエットだと言えます。
私たちの体を遭難者と同じような境遇にしてしまうわけですから、それが停滞期を作ってしまいます。

ホメオスタシスは、わずかな食べ物から得ることが出来るエネルギーの吸収率をアップさせて、最大限に利用します。
普段、私たちがしている食事ですが、すべて100パーセントがエネルギーになっているわけではありません。
脂肪細胞が蓄えられない余分な栄養は、使われずに体外にそのまま排出されています。
ですが、ダイエットなどで、栄養不足状態に陥ると、それまでは余分で捨てていた栄養分まで、吸収する体になります。
これによって、栄養を効率的に使おうとします。

話をまとめますと、食べ物の摂取量は以前と変わらず少なくしてダイエットを続行しているのにも関わらず、体重が停滞して減りません。
その時期は、少ない栄養分でも、ホメオスタシスの効果により、最大限のエネルギー吸収力となっているのです。
ということは、おなかがすいて我慢しても、体に吸収されているカロリーは、ダイエットをしていないころと同じだということです。
せっかく我慢していても、これでは我慢していることが損していることになっています。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社