ダイエット

ダイエット停滞期
ダイエットの停滞期には気持ちのケアその2

ダイエットの停滞期には気持ちのケアその2必要な栄養を取らなかったり、極端に食べなかったりと、こうした不健康なダイエットでは停滞期を招きます。
そうしますと、ダイエット、停滞期、過食、リバウンド、この悪循環を作ることになります。
これでしたら、ダイエットしないほうがまだ良いですよね。

体に無理をさせるダイエットは、体に負担を与えますし、また精神面にも負担を与えすぎてしまいます。
ですから、停滞期には気持ちのケアが大切になってきます。
停滞期であっても、停滞期でなくても、関係なしに、必要な栄養分は摂取しましょう。
そうでないと体が維持できなくなりますからね。

また、時々、ストレス解消に好きなものを少しだけ食べてみることも良いでしょう。
例えば「1週間に1回は、ケーキを1個食べても良い」という自分なりのルールを作ってみたらよいでしょう。
そうしたら、ケーキを食べることが出来る、その日が楽しみになりますね。
また、「朝食だけは好きなものを食べる」というのも良いでしょう。
その後、一日動き続けるのですから朝食で摂取したものは消費されやすいですから。
週に1回は外食するとか、そんなことでも良いですね。
ダイエットしている友達がいる場合、一緒に食事をしてお互いに話をすることでストレス解消にもなるでしょう。

また、食べ物でなくても、好きなもの、趣味に没頭する時間を設けて、うまく気分転換が出来たらよいですね。 お休みの日など、何もしないでいると、食事のことばかり考えてしまうと思います。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社