ダイエット

ダイエット停滞期
ダイエットの停滞期には気持ちのケアその1

ダイエットの停滞期には気持ちのケアその1ダイエットをしている際、スタートしてから3週間ほどで訪れる停滞期は、ダイエット経験では苦い思い出のころでしょう。
停滞期に突入すると、それまで落ち続けていた体重が減らなくなります。
「ダイエットを続けているのに、どうして?」、そう思って気持ちもあせってきます。
ダイエットの落とし穴とも言える、この停滞期。
停滞期に入ってしまったときに、一番気をつけなければならない点はどんなことでしょうか?
それは、気持ちのケアなのです。

ダイエットを実践するということは、みなさんも経験があると思うのですが、とにかく辛いですよね。
好きなものを我慢したり、甘いものを我慢したり、おなかいっぱいにならなかったり、常にストレスです。
食事をすることが楽しみであった人においては、ダイエットすることは、本当に苦しいでしょう。
そんな辛い思い、苦しい思いをしているのに、体重が落ちない、痩せない、これでは、自暴自棄になりがちです。

自暴自棄になると、もうダイエットも痩せる目標もどうでもよくなります。
そして、今まで我慢していた食べたかったものを一気に食べてしまいます。
ずっと我慢してきた分、それはとても幸せなことであり、食べることが止まらなくなるでしょう。
そして、恐れていたリバウンド状態になります。
これが停滞期におけるダイエットの失敗例で、みなさんも経験したことがあると思いますよ。
停滞期は、本来してはならない、無理なダイエットをすることで、体重が急に減らなくなるのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社