コスメ

フォトフェイシャル
フォトフェイシャルがNGな方

フォトフェイシャルがNGな方肌トラブルは、大小の差はあるでしょうが女性なら誰でも悩んでいることではないでしょうか。
そのため、フォトフェイシャルに興味を抱いているという方も少なくないようです。
しかし、フォトフェイシャルというのは実は誰でも治療を受けられるものではないということは意外と知られていません。
ではいったい、どういった場合にフォトフェイシャルを受けることができないのか、その点についてご紹介したいと思います。

フォトフェイシャルは、妊娠中である場合や皮膚に何らかの病変がある場合は施術を受けることができないとされています。
また、アルコール中毒、糖尿病、てんかん発作などの持病がある方も照射不可となっています。
光過敏症なども、光を照射するフォトフェイシャルは受けられません。
そのほか、湿疹ができているなど皮膚にトラブルがある方、心臓病といった重い病気を患っている方なども照射できないことになっています。

また、フォトフェイシャルを受けたのに効果が出ない、という例もあります。
その中でも代表的なのが肝斑(かんぱん)でお悩みの場合です。
シミやそばかすの治療に良いと言われているフォトフェイシャルですが、肝斑には効果が出ないと言われています。
こういった症状では、軟膏や内服薬など、ほかの対処法での治療がメインとなりますので、フォトフェイシャルで治療する事はできません。
アトピーの肌にも、フォトフェイシャルは照射できません。
さらに日焼けをしている肌にも使用できないと決められています。
日焼けをした後の肌は黒くなっていますが、それは細胞の中でのメラニンの働きによるものです。
光を当ててしまうとその部分の反応が強くなってしまい、やけどの原因となって、場合によっては色素沈着などのもとにもなります。
程度によっては日焼けをしていても大丈夫な事もありますし、一度クリニックで医師に聞いてみましょう。

フォトフェイシャルは肌トラブルなら何でも効果があるというわけではなく、効果がない場合や使用自体ができない例もありますから、しっかり下調べをしておきましょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社